何をするにもお金がかかる時代になりました。特に子供の教育費はいくらお金があっても足りないぐらいですね。そんなとき心強いのが学資保険です。受験を控えてお金がかかるのは仕方がないことですから、後はできる限り受験に備えて準備をすることになります。その一つが学資保険になるのですが、少しでも多くお金が戻ってきたら助かりますよね。そこで返戻率に着目します。保険に加入するわけですから、返戻率が高ければ高いほど大助かりです。小さな差かもしれませんが、ここに着目することでその後のお金の使い方に影響がでてきますから、面倒くさがらずに返戻率にこだわって保険を選んでみてはいかがでしょうか。備えに対して状況が整っていれば、受験に関する体制も整えやすいですからね。

まとめ払いがお得になる

小学校受験を控えるとお金のことが心配になっていたと語る経験者の言葉をアドバイスにして、どうすれば返戻率を上げることができるのか導き出しましょう。まずは保険料の支払い方です。これは月々支払うよりも、まとめて支払ったほうがトータル支払い保険料は安くなります。実はすでに知っているという方もいるようで、特に一年払いを利用している方が多いようです。保険会社にもよりますが、返戻率が高い順にお話しすると、全期保険料支払い、一年払い、半年払い、そして月々の支払い、という順番になります。もちろん、いくらお得になるからといって自分たちのライフスタイルを追い込むような形はオススメできません。あくまでも家計簿や貯金などを見比べて、どの支払い方法なら大きな負担にならないか、こちらを第一条件に最終的な払い方を決めてくださいね。

保障内容によって変わる

これはどんな保険にもいえることですが、どんな保障内容にするか、これによって返戻率も変わってきます。学資保険は子供の小学校受験など教育資金のための保険なので、子供のための保険といえますね。そのため子供に対する保障を全部つけたくなるのが親心というものですが、例えば、家族で生命保険に入っているとします。家族保険にすることでお得になるタイプに加入しているなら、学資保険で子供の医療費に関する保障は省いたほうがいいですね。ダブルなら安心と思うかもしれませんが、保障内容をシンプルにすることが返戻率を高めるポイントになるので、あれもこれもと無駄に保障を付帯させるよりも、学資保険はあくまでも教育費用のため、と割り切ることが大切です。