将来のために必要なお金を蓄える方法のひとつとして学資保険があります。小学校受験を選択する場合、やはり先立つものが心配になりますよね。そんなとき頼りになる学資保険。月々の保険料がどの程度になるのか、これはもちろん保険会社によっても保険の種類によってもさまざまなのですが、一般的な相場として毎月いくら払っているのか、過去に加入経験のあるご家庭、現在進行形で加入しているご家庭の平均をお知らせします。一番多かったのは10,000~15,000円でした。こちらが全体のおよそ半分なので、思っていたよりも多い数字ではないでしょうか。ついで15%の5,000~10,000円です。

小学校受験を対象にかかるお金を算出

受験にかかる費用には、例えば幼稚園に通いながら習い事をさせるときの費用も含まれますね。色んな幼児教育があるので、何を慣わせたらいいのか迷ってしまいます。体を動かすことが好きなのか、それとも何かをコツコツ作るのが得意なのか、子供の好きなことを伸ばしてあげるために親としてやれることはやってあげたいですよね。幼児教育もそうですが、小学校に入学した後にももちろんお金がかかります。あくまでも平均的な数字ですが、私立小学校に通わせた場合、教育費として800,000円、学校外での活動費が600,000円、このほか給食費なども足すと、1,400,000円前後かかります。公立の小学校が300,000円ですから、単純計算でも5倍もの違いがあります。

学資保険のメリット

月々決まった金額の保険料を支払うことで教育費用を貯蓄できるだけでなく、学資保険という名前でも分かるように、保険なので万が一、保護者が大きな病気や怪我で障害を負ってしまったり亡くなってしまった場合、その後の保険料の支払いを免除してもらえるという仕組みになっています。なおかつ、加入当初に契約したとおりの保険料を受け取ることができますし、契約したタイプによっては育英金がおりるものもあります。もしも両親が思わぬ事故や病気に見舞われてしまった場合でも、子供を手厚く守ってくれるのが学資保険の多きなメリットとなっています。小学校受験を念頭に置いた場合、妊娠が分かってすぐに学資保険に加入する方が多いのも頷けますね。そのほか、学資保険は税額控除の対象になるので、受け取った給付金は税金免除となるメリットもあります。以外に知られていないことですが、ぜひ覚えておいてくださいね。