子供を育てていくためにはお金がかかります。予め備えておくことは親としての努めかもしれませんね。その一つとして学資保険があります。子供ができたら加入したいと考える方は非常に多いのですが、気になるのが加入するタイミングです。どのタイミングで加入すれば親としての負担が少なく、なおかつ子供の教育費が必要なタイミングで十分間に合うお金を受け取ることができるのか、気になるところです。基本的に学資保険は、子供が生まれてから加入するケースが多いようで、学資保険を提供している会社の加入時期は、0歳から加入ができて、満期は6歳から18歳と幅広いです。小学校受験を含めて、子供を育てるためにはお金がかかりますから、早めに準備をはじめたいですね。

加入する時期は早いほうがいい

これは生命保険などにも同じことが言えるのですが、加入する時期が早ければ、保険の満期までの時期が長くなります。その結果、月々に支払う保険料を低くすることができるので、早めの加入が勧められています。たしかに、実際に加入経験のある方々の体験談の中では、子供が生まれて半年以内に加入したという方が非常に多いです。加入者全体の半分もいます。簡単な計算ですが、生まれて半年以内に加入した場合と、子供が幼稚園に入学する時期に加入した場合では、同じ保険でおよそ5,000円前後の違いが生じるといいます。月々5,000円の違いは大きいですよね。そのうち入ろうと思っていると後回しになって、結局入るタイミングを逃してしまった、と後悔することになるでしょう。

出産前に加入できる学資保険

これは加入する時期は保険会社によって定めている年齢が違いますが、基本的に妊娠中は学資保険の加入ができないところがほとんどです。ところが中には、妊娠中でも加入できる学資保険があります。このタイプの商品には決まりがあり、例えば出産予定日から数えて140日前から加入可能で、なおかつ妊娠経過が順調であることが条件となります。140日前というのは、妊娠してから数えてちょうど半年ぐらいです。気が早いかなと気にすることはありません。現に妊娠中に加入したと語る経験者は多いですからね。少しでも早く加入して安心したい、そういうママさんは少なくないようで、加入したことで安心した妊婦生活をゆったりと送ることができたという声も聞こえてきます。小学校受験は未来のことかもしれませんが、子供はあっという間に大きくなりますから、早め早めに動いて万が一に備えておきましょう。