子供を授かると、そのうれしさで幸せに満ち溢れますが、同時に子供の将来のことが気がかりになります。例えば教育費用。まとまったお金が必要になる場面が多いですから、必要になったときにすぐに準備できるような備えが大切です。そこで頭に浮かぶのが学資保険ではないでしょうか。日本には色んな保険がありますが、その中でも学資保険は子供の教育費のための保険として注目を集めています。もちろん実際に加入している家庭も非常に多いです。満期になれば満期金を受け取ることができますが、学資保険には色んなタイプがあるので、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とそれぞれ入学するときにお金が下りるタイプも保険もあります。まさしく子供のため、親のための保険ですね。

なぜ学資保険に加入するのか

小学校受験にどうしてお金がかかるのか、それは受験に備えて幼児教室などの習い事に通わせたり、もちろん受験や入学するとき、入学した後も色んな場面でお金が必要になります。そのために学資保険が心強い味方になるのですが、これまで子供のために学資保険に加入した方々の目的として、もしも親に何かあった場合でも受験や入学に必要なお金を準備できるから、という理由が一番多いですね。子供の教育費用のための貯蓄という認識ももちろん強いです。学資保険のメリットとして、一度契約すれば毎月決まった金額を支払うだけでよい、払い込み免除などの特約が付帯されていること、タイプによっては子供の医療保険もセットで加入することができます。

学資保険に加入するタイミング

小学校受験などの将来を見据えれば早めに入ったほうがいいことはご存知のとおりです。月々の支払いを低くすることができますからね。保険会社にもよりますが、妊娠中に加入が可能な保険もあるんです。学資保険の加入を考え始めた時期について、妊娠前は8%前後、妊娠中は20%前後、出産後子供が生後6ヶ月以内に加入というケースが一番多くて45%前後となっています。そして実際に加入した時期の割合は、妊娠中が7%前後、生後6ヶ月以内が50%前後となっています。お子さんを授かった方の半数以上は、子供が生後6ヶ月以内に学資保険に加入しています。将来教育面でまとまったお金が必要になることは事前に分かっていることですから、万が一に備えることは自分たちのためにも、もちろん子供のためにもプラス要素が非常に多いことになります。

60年の歴史で培った独自の教育で名門小学校合格をサポートします。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 伸芽会が小学校受験を徹底サポートします